誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

お知らせ

梅小路ポテル京都 ライブラリー選書を担当させていただきました

この秋オープンされた、梅小路公園梅小路ポテル京都さんのライブラリースペースの選書を担当させていただきました。

京都市水族館と鉄道博物館のあいだ、梅小路公園に隣接する同ホテルは、地域に根ざしながらも、国内外の方々の交流の玄関口となることを目指し、当店のような地元の個人店や組織とともに、心地よい空間づくりをされています。

お部屋に持込可能なライブラリーを始め、リラックスしてアナログレコードの音色を楽しめる空間や、アナログなボードゲームを楽しめるスペースなどが各所に配されています。

立地上、京都旅行の拠点としてももちろんですが、地元の皆さまが骨休めに滞在し、施設内でのんびりすごすのもおすすめです。

くわしくはコンテンツ充実のウェブサイトをご覧ください。

 

「コラージュ民芸運動」展オープニングトーク出演のお知らせ

「美術館でもホテルでもない実験と発信の場、宿泊型ミュージアム」BnA Alter Museumさんにて10月17日より開催予定の、小田島等と夏目知幸による「コラージュ民芸運動」展のオープニングトークに店主堀部が出演させていただきます。

あくまでメインはお二人、堀部は民藝運動の補足説明役のような形で参加。小田島さんとは「コテージのビッグウェンズデー」以来久々のトーク、夏目さんには緊急非常事態宣言下に当店にて展示を開催していただいたばかり。「コラージュ民芸運動」とは一体何なのか、いまから楽しみです。

ご予約・お問い合わせはBnA Alter Museumさんまで

https://bnaaltermuseum.com

 

オンラインイベント「月刊 誠光社」開始のお知らせ

ご近所の出版社、ミシマ社さんが主催されるオンラインイベント「MS Live!」内にて、当店々主堀部が出演するレギュラーイベントがスタートします。「月刊 誠光社」というお題を頂いておりますが、実際は3ヶ月に一度ほど、毎回ゲストをお招きしながら、本や音楽、映画やデザインなどポップカルチャーに関するあれこれを資料とともに掘り下げます。かつて堀部が企画出演した「コテージのビッグ・ウェンズデー」っぽい内容になるのでしょうか。

第一回は『京都・六曜社三代記 喫茶の一族』が話題を呼んでいる、六曜社地下店マスター奥野修さんをお迎えし、同書の第二部にあたる「あらたな芽/修」編の背景を根掘り葉掘り伺います。

「名前のない喫茶店」のこと、ブラック・ホークに足繁く通い聴いたレコードの数々、高田渡〜武蔵野タンポポ団〜若林純夫といった影響を受けたメンターたち、竹中労との出会い、宮沢賢治に岩田宏ら詩人のこと、マッチのデザインにガロ周辺の作家たちの話など。喫茶店が刺激的な場であり、音楽が時代の空気をくっきりと反映していた時代を体験できる貴重なお話をお楽しみください。奥野さんがこのような企画にご出演いただけること自体がレアですのでどうぞお見逃しなく。

お申し込みはこちらから。

『ライブ漫筆』お取扱店一覧

9月に刊行しました『ライブ漫筆』のお取扱店は下記(2020年9月25日現在)の通りです。BUY LOCALでどうぞよろしくおねがいします。お近くに取扱店がない場合は当店オンラインショップにて是非。

また、取り扱いご希望の際は業種問わずお気軽にお問い合わせくださいませ。「買取・6掛け・5冊以上」からでご注文承ります。

東京

百年
タコシェ
B&B
SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
黒猫
Pebbles Books
代官山蔦屋書店
文禄堂早稲田店
文禄堂高円寺店
オリオン書房ノルテ店
PAPER WALLエキュート立川駅ナカWEST店
ディスクユニオン各店

茨城

PEOPLE BOOKSTORE

岩手

BOOKNERD

富山

古本ブックエンド

愛知

ON READING

兵庫

1003
VIVO,VA
花森書林
ちんき堂

奈良

Pleased To Meet Me
棚音文庫

京都

100000tアローントコ
丸善ジュンク堂書店

大阪

Blackbird books
LVDB BOOKS
FOLK old book store
シカク
梅田蔦屋書店

香川

本屋ルヌガンガ

広島

READAN DEAT

熊本

橙書店

オンライン

パライソレコード

新刊『ライブ漫筆』刊行のお知らせ

2020年9月上旬、当店より安田謙一さんの著作『ライブ漫筆』を刊行いたします。雑誌『meets』誌上での連載「人間ライブが資本主義」に修正を加え、盟友辻井タカヒロの装画と挿絵を添え、文庫サイズにまとめたもの。コロナウィルス感染拡大に伴い、「ライブ」やそれが行われる場について大きな変化が生じ、さまざまなことを考えさせられた2020年の夏にこそ出したかった一冊です。

オンラインショップにてご予約受付中。

尚、書店や業種問わず小売店様向けに卸売も承っておりますが、本書に関してはトランスビューなどでの流通はございませんので、すべて当店よりの直取引・買取(6掛け・5冊以上から)のみとなります。お取り扱いご希望の方はお気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせメールはこちらまで
s-contact@seikosha-books.com
担当:堀部